日本イーティーエス・リンドグレン株式会社

業界のリーディングカンパニーとして、限りない可能性を追求-

エネルギーは電磁波、磁場、音波などの様々な形で存在しています。 私達は このようなエネルギーを検出・測定・遮断・制御する技術を用いたソリューションを提供することで、 製造業界の更なる発展に貢献することを目指しております。

EMCテスト・ソリューション

電子情報機器の発達・普及に伴い、携帯電話や端末機器から放出される電磁波は、時に意に反して周辺機器に障害を与え、機器性能の妨害や誤動作を引き起こすことがあります。 今日、この電磁波問題は、電子情報機器のみならず家電製品、玩具、自動車、医療機器等のあらゆる製品を対象に深刻な問題となっており、各国ではこれら対象製品に対して不要輻射の抑制や耐電磁波性能を規制しています。 私達の電磁波エネルギーを制御するテクノロジーは、測定機器、卓上診断ツールから大型試験設備まで幅広い製品ラインナップを提供することで、様々な分野での電磁波問題の解決に貢献しています。

取り扱い製品 ・・・・・ 

日本語カタログ・ダウンロードサイトへ

電波暗室、シールドルーム、リバブレーションチャンバー アンテナ、電界プローブ、GTEMセル、カレントプローブ、EMフィールドジェネレーター、EMセンター、パワーアンプ、各種校正サービス、その他

ワイヤレステスト・ソリューション

モバイル通信機器のユーザーは、人的な安全性を確保しながら、信頼性の高い通信、および最大限のバッテリー寿命を追求しています。これを実現するために、設計技術者は、信号の送り先で安定した受信を可能にしながら電源を効率的に使用でき、しかもユーザーの安全が守られるように、制御の行き届いた設計を行う必要があります。私達は、技術者がこのようなバランスを重視しながら製品設計できるように、アンテナ特性試験、受信感度試験などのモバイル通信機器のパフィーマンスを最大限引き出すためのターンキーシステムソリューションを提供しています。

取り扱い製品 ・・・・・ 

日本語カタログ・ダウンロードサイトへ

OTA試験システム (AMSシリーズ: フルコンプライアンステスト、簡易テストタイプ) 三次元アンテナパターン計測ソフトウエア、その他

医療機器関連製品

MRI装置(磁場共鳴映像診断)の飛躍的な普及によって、医師は患者の体内に検査器具などを挿入することなく人体の高品質な画像を見ることができるようになりました。しかし、同時に無線通信などの普及により病院施設を取り巻く電磁波環境の悪化により診断画像を劣化させる可能性があり、その画質の低下は医師の診断にも影響を及ぼします。私達の電磁波遮蔽テクノロジーは、MRI室用シールドルーム設置数の世界シェアNo.1で証明されているように、医師が高品質な画像に基づいて的確な診断ができる環境づくりに貢献しています。

取り扱い製品 ・・・・・ 

日本語カタログ・ダウンロードサイトへ

セーフスキャン 磁性体検知システム MACS 変動磁場補正装置(キャンセラーシステム) 各種医療用シールド製品、ドア、その他

カンパニープロフィール会社概要

ETS-Lindgrenは、米国テキサス州に本社を置き、北米、欧州、中近東、アジアの主要市場に販売、生産拠点を持つグローバルカンパニーです。電磁波テクノロジーの高度な技術力と経験をベースに幅広い製品、サービスとソリューションをご提供することで、長年に渡ってRF試験ソリューションメーカーのリーディングカンパニーとして、ITエレクトロニクス、自動車、医療、航空・宇宙などの様々な産業のニーズにお応えしております。 2002年6月、ETS-Lindgrenグループの日本法人として、日本イーティーエス・リンドグレン株式会社は設立され、日本国内市場ならびに日本企業の海外拠点のお客様のビジネスをサポートします。

長期的な安定性

ESCOテクノロジーズの企業傘下であるETS-Lindgrenには、弊社の事業展開に見合う強固な財務基盤があり、これは将来も安定しています。市場に洗練された製品を送り出す先進企業のESCOテクノロジーズは、米国ミズーリ州セントルイスに本社を置くニューヨーク証券取引所の上場企業として、ETS-Lindgrenの事業を支えています。

グローバルなネットワークで、質の高いローカルサービスを提供

ETS-Lindgrenは、北米および南米、欧州、アジアに事業拠点を持ち、世界全体をカバーすることにより地域に密着したサービスを提供します。これらの拠点、および30か国以上をカバーする独自の流通ネットワークによって、ETS-Lindgrenは地域ごとの製品サポート、プロジェクト管理、設置サービスを実施しています。お客様の拠点がどこにあっても、ETS-Lindgrenのグローバルな資源によってサポートを提供いたします。

革新性(開発)

ETS-Lindgrenには、革新性という伝統があります。今日、幅広く受け入れられている製品技術や業界に定着している手法は弊社によって編み出してきました。

  • 業界初、モジュール型RFシールドルームおよびドアの商用化。
  • 業界初、10m法電波暗室の商用化。
  • 世界最大級の航空機試験用電波暗室およびシールドドア。
  • 電波吸収体、アンテナ、GTEM、EMFセンサ、RFシールド技術などの数多くの特許。

Documents

関連製品動画

Vision TRX Visual Monitoring System
View Video
AMS-5705 Demonstration
View Video
AMS-8900 Antenna Measurement System
View Video
ETS-Lindgren E-Motor Testing Solutions
View Video

Events

  • ワイヤレス・テクノロジー・パーク(WTP) 2022

    2022年5月25日(水)~27日(金)

    東京ビッグサイト

    Event Website
  • TECHNO-FRONTIER 2022

    2022年7月20日(水)~22日(金)

    東京ビッグサイト

    Event Website
See All Events

Location Information

社名日本イーティーエス・リンドグレン株式会社
ETS-Lindgren Japan, Inc.
役員代表取締役 ビクター・リッチー
代表取締役 東川 修人
取締役    デビット・シャッツ(総務・人事担当)
取締役    マーク・モズレイ (オペレーション担当)
取締役    山本 雅文(営業担当)
監査役    ナンシー・ワーリング (財務担当)
設立2002年6月1日
資本金71,000,000円
本社所在地
東京都文京区小日向4-2-6 〒112-0006
TEL 03-3813-7100
FAX 03-3813-8068
親会社ESCO Technologies Inc.
9900 A Clayton Road, St. Louis, MO 63124-1186 USA
TEL +1 (314) 213-7200
当社について

ETS-Lindgrenは、商工業市場向けエネルギーマネジメントソリューションのリーディングサプライヤーとして世界中のお客様に知られています。

グローバル全体で750人を擁する当社チームでは、近代の生活面を支える、電磁・音響エネルギーに関するコンポーネントやシステムを設計・製造しております。75年間、ETS-Lindgrenは、下記のようなイノベーションを通して、業界やマーケットセクターを超えて成功の実績を積んでまいりました。 

  • 意図しない電磁エネルギーの放出をコントロールするシステム
  • 市場投入前にワイヤレスデバイスの性能を分析・測定するツール
  • 稼働前の軍用機試験用マイクロウェーブチャンバー
  • 医師によるMRI画像撮影と手術が同じ部屋内で実施できる施設
  • 通信・電波塔に登り電磁場にさらされる作業員のためのセーフティモニタリングソリューション

1993年以来、ETS-Lindgren はESCO Technologies (NYSE ESE) ポートフォリオの一部を成してきました。この世界的なパートナーシップにより、ETS-Lindgrenは確固とした財政基盤とリソースで経営効率に投資することができ、また長期的な業界研究・開発も可能となっています。

設立当初

ETS-Lindgrenは、RF、EMC、MRI、音響、ワイヤレスの各試験・測定における業界リーダー企業の戦略的合併とそれによる有機的成長によって、数十年かけて形作られた多国籍組織です。当社は、EMCO (The Electro-Mechanics Company)、Rantec、Ray Proof などの数社のリーディングカンパニーを合併し、EMC Test Systems (ETS) として1995年にテキサス州オースチンで正式に設立されました。Ray Proof は1932年に医療用X線シールドのサプライヤーとして設立されました。Rantec は、1970年代初頭に軍用の無響吸収体とマイクロウェーブチャンバーの開発をリードしていました。EMCOは、1960年代の磁場と無線周波数の研究に派生し設立されました。1997年、EMC Test Systems は、フィンランド、ユーラにあるEuroshield OYを買収して欧州拠点を設立しました。Euroshield社は「パンタイプ」RFシールドと独自のシールドドアテクノロジーの開発で知られており、これらは現在でも好評いただいております。2000年のLindgren RF Enclosuresの買収により、当社規模は2倍となり磁気共鳴映像(MRI)シールドルームにおけるリーダーシップを得ました。また、これにより当社製品群とカスタマーベースを増やしたことで、EMCマーケットにおける当社のポジションも強化されました。合併により、社名をETS-Lindgren と変更しました。2000年にETS-Lindgren は Holaday Industries を合併しました。同社は今日の、試験・測定用の電磁場検知システム、また安全衛生アプリケーションで使われるテクノロジーの、パイオニアです。2002年には、音響試験・測定、聴覚科学、放送などのアプリケーションにおけるリーディングサプライヤーであるAcoustic Systemsを合併しました。

アジアにおける拡大

シンガポールオフィス設立の成功に引き続き、2002年には日本と中国でのビジネス合併を行い、アジアで拡大を続ける顧客基盤をサポートする新たな製造、販売、サービス拠点を確立しました。中国にはさらに、北京、深セン、上海に新たにカスタマーサポートオフィスを設立しました。2006年、ETS-Lindgrenは台湾の台北に新オフィスをオープンし、現地での拡大する顧客基盤をサポートしています。2010年にはインド、バンガロールに新オフィスを開設し、拡大するマーケットシェアに対応しています。同オフィスはテクニカルサポート、プロジェクトマネジメント、施工、システムインテグレーションサービスを提供しています。

続くグローバルな成長

2011年、ETS-Lindgren は、建築的RFシールド施設の設計・施工を含むEMC・RF測定システムのリーディングサプライヤーであるEMV Elektronische Messgerate Vertriebs GmbH (EMV)を合併しました。この専門技能を、当社の既存の欧州ビジネスに統合することで、カスタマーサービスとサポートを強化しました。同時に、ヨーロッパに、製品校正・修理サービスに特化したサービスセンターを開設し、重要な試験機器の修理対応について納期短縮が可能となりました。近年当社は世界中で施設を拡大してきました。テキサス州シダーパークの施設では12,000平方フィートの拡大を行いました。これによりソリューションとサービスのより幅広いラインアップと、新製品の開発製造が可能となりました。