ETS-LindgrenがIMS2022への技術的貢献を発表

 

ETS-LindgrenIMS2022への技術的貢献を発表


国際マイクロ波シンポジウムで発表される5GNREMC、自動車、ワイヤレス関連トピック

  

テキサス州シーダーパーク – 202255 – ETS-Lindgrenは、コロラド州デンバーのコロラドコンベンションセンターで619日から24日に開催される業界で最も重要なマイクロ波シンポジウムである国際マイクロ波シンポジウム(IMS2022への技術的貢献を発表しました。IEEE Microwave Theory and Techniques SocietyMTT-S)が主催するこのシンポジウムには、世界中の何千人もの参加者が集まります。 パンデミック前の2019年、IMSは、世界50か国以上から約9,500人の参加者と、記録的な650出展企業を誇り、世界最大の無線周波数・マイクロ波業界に特化したイベントとなりました。 ETS-Lindgrenのエンジニアは、業界ワークショップとMicro Appsテクニカルプログラムに参加し、IMS2022の対面展示の一部としてETS-Lindgrenのブース#8037をサポートします。

 

ETS-Lindgrenの技術開発担当ディレクターであるMichael Foegelleは、現地時間(MDT) 621日火曜日の午後130分から午後310分まで、205/207号室で開催される業界ワークショップ 『多様な環境における新しい5G測定技術』で発表します。スピーカーのEricsson AB社のAurelian Bria氏、Boeing社の Dennis Lewis氏とともに、Dr. Foegelleは、大幅に増加したユーザー密度をサポートするために、5Gと新しいワイヤレステクノロジーが幅広いスペクトル帯域でどのように検討されているかについて説明します。業界が新しいワイヤレスシステムにマルチユーザーMIMO、マッシブMIMO、そしてmmWaveを採用するにつれ、世界のいくつかの業界や標準機関は、製品が意図したものを満たしていることを確認するためのNew RadioNROver-the-AirOTA)テストで新しい測定の多様な技術要件によって要求されるパフォーマンスパラメータの課題に直面しています。民間航空機や基地局など、さまざまな環境でのアプリケーションをレビューします。 5Gワイヤレス業界標準委員会に積極的に貢献しているDr. Foegelleが、Bria氏とLewis氏に加わり、テストの課題を検討し、新しいソリューションを提案します。

 

 ETS-Lindgrenのワイヤレスソリューションディレクター Jari Vikstedt、および自動車ソリューションディレクター Garth D'Abreuは、現地時間(MDT) 623日木曜日の午前1010分から午前1150分まで205/207号室で開催される業界ワークショップ 『5GmmWaveデバイス測定のための新たなEMC要件』 に参加します。招待講演者には、National Institute for StandardsTechnologyJason Coder氏とEricsson AB社のAurelian Briad氏が含まれます。講演者は、5Gデバイスの電磁両立性(EMC)を達成するために、5G NRテクノロジーが提示する固有の課題と、コンプライアンスを実証するための有意義なテスト方法を含む、達成可能で適切な規制要件の存在にどのように依存するかについて説明します。 このワークショップでは、FCCの規制要件を満たすことに焦点を当てたテスト方法の新しい開発について調査しますが、グローバルアプリケーションを使用し、ワイヤレスの共存と自動車のアプリケーションに焦点を当てたプレゼンテーションを行います。 スピーカーはまた、新しい放射エミッション試験方法に関する情報と、より高速なTRP測定のための残響室試験方法の利用に関する研究を提供します。

 

認可送信機と非認可送信機の両方について、ワイヤレスおよび5GデバイスのEMC試験方法の開発を専門とする北米の主要機関は、米国規格委員会C63®EMC)です。CTIA Certification™3GPP™によって公開されたワイヤレス業界標準へのETS-Lindgrenの関与により、ワイヤレス業界標準化団体のいくつかとANSC C63標準を挙げれば、参加者はこれら業界ワークショップで提示されるタイムリーで関連性のあるコンテンツを確認できます。 

 

ETS-Lindgrenのエンジニアは、IMS2022MicroAppsセミナーにも参加します。展示会場ブース#9110でのこれらの簡潔な15分間プレゼンテーションでは、次のような重要なトピックについて簡単に説明します。

 

  • 現地時間(MDT) 621日火曜日の午後245分から午後3時まで、Vikstedtは「5Gエミッションテスト用のチャンバーとポジショナー」を発表します。認可・非認可ワイヤレスデバイスの両方に必要なさまざまな放射エミッション測定を実行するために、チャンバーとアンテナまたはテスト対象デバイス(DUT)ポジショナーには多くのオプションがあります。特定の測定に最適なオプションは、動作周波数、DUTアンテナの寸法、DUTサイズなど、多くの要因によって決まります。 このプレゼンテーションでは、アプリケーションで利用可能なオプションと推奨事項の概要を説明します。

 

  • 現地時間(MDT) 622日水曜日、午後315分から午後330分まで、Dr. Foegelleは、「動的チャネルモデルとリンク適応を使用した新しいMIMO無線テスト手法」を紹介します。 LTE MIMOデバイスのOTAテストの業界標準は、到着角度が固定された空間的に静的な環境でのデバイスのパフォーマンスを評価します。 次に、生成されたテスト環境でデバイスを回転させて、平均的なパフォーマンスを取得します。 5Gの場合、CTIA MIMO OTAワーキンググループは、時間の関数として空間構成を変化させる動的チャネルモデルを開発しています。 基地局エミュレータでリンク適応を許可することにより、デバイスは特定のチャネル条件に最適なMIMOまたはSISOダイバーシティモードとデータレートを選択できます。 このプレゼンテーションでは、開発プロセスとテストシステム要件を要約します。

 

IMS2022展示会のETS-Lindgrenブース#8037にアクセスして、専門の講演者に会い、5GNRおよびEMCテクノロジーに対応する最新の製品とサービスをご覧ください。当社のエンジニアと営業担当者は、5GEMC自動車、およびワイヤレスのテストと測定の課題に対するソリューションについて喜んで話し合います。 ETS-Lindgrenの製品とサービスの詳細については、オンラインでお問い合わせいただくか、+ 1512531-6400 USAまでお電話ください。 IMS2022の詳細については、https//ims-ieee.org/にアクセスしてください。

 

More